フォト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

ゴルフスイング

国東にいるKPGA(韓国ゴルフ協会)のティーチングプロ姜さんと一杯飲みながら、ゴルフのことを教わりました。

現在のスイングは全然ダメだそうで、グリップと肩の回し方をチェックされました。直された形は丁度15~20年前、良かった頃、ベストスコア70で回った頃のスイングの形と同じ形のような気がしました。

思いだした感がしましたが、少し違和感があり、62歳の今、はたして本番で、その形で出来るかが、問題です。

次回挑戦です。

2011年12月25日 (日)

愛犬ピッチ

Pitti_hamigaki_2 どこの犬でもするのかも知れませんが、うちのチワワの愛犬ピッチは毎食後歯磨きをします。

写真が撮れましたので、アップします。

2011年12月 8日 (木)

賃貸家賃保証制度

最近、保証会社に家賃保証金を払っての賃貸契約が都会では常識になっておりますが、一部都会ではしょうがない面もありますが・・・。

私の商圏でいえば、滞納は稀にありますが、最終的に家賃入金ができないのは、200人に1人あるなしです。

金額でいえば、200人が3万円を掛けると、600万円、この600万円でたった1人の滞納家賃数万円を保証となります。善良な人がバカをみます。

つまり、国東の賃貸市場の場合、約10万円程度の負担をすれば2年間くらいで600万円になるわけです。金利/年3000%、ムチャクチャです。サラ金(サラ金上限金利は年20%まで)とか比ではありません。サラ金の150倍です。

また事前審査をし、遅れない人のみ、契約し保証に入れるのもおかしい、明らかに遅れそうな人はお断りする。保証に入れば保証人は不要なはずだが、保証人もとる業者もある。本来は遅れそうな人からのみ保証金をとるのが、家賃保証であるはず。

取り立ても強引で怖いともと聞いており、われわれ地元業者の調子ではいきません。

また、どのような取り立てをしたかも弊店では分からず、その後の入居者との応対の仕方が難しい面もあります。

生命保険、自賠責等も考え方は同じですが、これらは互助精神があり、家賃保証制度には互助精神は薄く、ただ大家のリスク回避、保証会社の収入優先で、全く異質のものと思います。

弊店では滞納は人に応じ、その都度、支払い可能な方法を協議しております。保証人さんまでも行くこともまずありません。

家賃保証制度を使ってくださいと勧められますが、弊店では一切利用しておりません。

大家さんとしては良い面もありますが、消費者にはムチャクチャ不利な契約であり、大家さんと消費者の中間の立場に立つ弊店では、今後も一切利用いたしません。

賃貸物件の乱れ

最近テレビコマーシャル等で敷金0、礼金0、家賃3カ月無料、前家賃0、等の広告を良く見かけます。

すべての物件がそうであるかのようなコマーシャルも消費者に誤解を与えます。

この物件はこう、この物件は違います、とはっきり明示して欲しいものです。

商売で値引き競争が始まると、その業者だけでなく、業界全体に悪影響を及ぼします。

今、お客さんが少ないのは、リーマンショック、円高による大手業者の姿勢等、世の流れで、値段を下げたから、お客さんが増えるものではありません。

極端な値引きは自分で自分の首を絞めるようなものです。いいことはひとつもありません。

なぜ、大手の不動産屋が、それくらい解らないか、不思議です。われわれ弱小業者もそれに巻き込まれております。

一日も早く、無謀な値引きをやめ、適正利益を得る方向に改めるようにしてもらいたく思います。

売上が少なければ、まず給料、ボーナス、カット、適正人員に削減、経費節減等で対処すべきです。自分のくいぶちにまで手をつけるのは最悪です。

それでも無理なら、霞でも食べて、最低生活で生きるのが正解です。

腹がたち、業者の名前まで出したいところですが、今回はやめておきます。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »